starlight

有名バイトからディープなバイトまで、様々なバイトを経験してきたライター達が送るバイトの裏事情

バイトでやりがいを感じたいアナタに!【塾講師】は成果が目に見えるのでおすすめ!

教える喜びを味わえる!「塾講師バイト」

 

お金を稼ぐだけじゃ物足りない、何かやりがいのあるバイトをしたい、という方には塾講師のアルバイトがおすすめです。

コツコツと教えることで、教え子の成績が上がったり受験に受かったりすれば喜びはひとしお♩

私は地域密着型の小さな個人経営の学習指導塾で、塾講師のバイトをしていました。

小中学生を対象にした、個別指導担当の非常勤講師です。

私はこれまで、まるっきり教える仕事などしたことがなかったのですが、勉強が好きだったのと、たまたま近所の教室が求人広告を出していたので応募しました。

塾といっても私が働いていたような地域密着塾から、スクールIEや栄光ゼミナール、早稲田アカデミーなどの大手学習塾、TOEベビーパークなど小さな子どもの早期教育を担う幼児教室などさまざまです。

今回は地域密着塾での私の体験談を中心に、塾講師経験者のリアルな本音を交えつつ、塾講師のおすすめポイントや評判などをご紹介していきますね。

 

塾講師バイトのおすすめポイントは?

教え子の成長を目の当たりにできる!

やりがいといえば、製造業や接客業でも、頑張った成果は完成した製品やお客さんからの感謝などの形で返ってきます。

私は学生時代には飲食店でもバイトをしていましたが、お客さんに「ありがとう」などと言ってもらったときにはうれしかったです。

一方、塾講師の仕事ではまいた種が芽を出して成長しやがて花開くように、努力が後から成果となってはね返ってきます

つまり、教え子の成績がのちのち大きく伸びるのを実感できるのです。

もちろん、生徒に問題を解説していて「わかった!」と言ってもらったときにもやりがいを感じます。

けれど、塾講師はその時だけでなく、長期的にみても大きなやりがいを感じることができる仕事です。

私は中3の生徒に英語を教えていましたが、その子たちが高校受験に受かったときには自分のことのようにうれしかったです。

もちろん、逆に成績が伸び悩んだり受験に失敗する生徒もいます。

そのときにはもどかしい気持ちや、自分の無力さを感じることもあります。

けれども、一般的な塾では非常勤講師(バイト)が保護者と直接面談することはないので、責任を問われることはまずありません。

私が働いていた学習塾でも、生徒の成績について非常勤講師が責任を問われたり、注意を受けたりすることはありませんでした。

けれど、まれにブラックとウワサされている塾では、保護者からのクレーム対応も任されるケースがあるようです。

ですから、これから塾講師になろうと考えている人は、バイトから見た塾の評判を事前によく調べた方がよさそうですよ。

 

自分も成長できる!

教え子の成長を見るのはうれしいことですが、バイトを通して自分も成長することができます。

仕事の前には授業に使うテキストや参考書、小テストなどを準備しますが、予習ももちろん必要です。

こうした授業前の作業は少なくとも30分はかかりますが(受け持つコマ数に応じて、準備の時間はさらにかかります)、ほとんどの塾では時間外労働、つまり無給になっています。

イレギュラーで担当教科以外の教科を教えなければならないこともあり、その際にはさらに多くの予習時間を取らなければなりません。

とはいえ、こうした作業は自分の学力アップにもつながるので、塾講師を長く続けようとしている人にはプラスになります。

私が担当していた教科は英語と国語、小学生にだけ算数も教えていたのですが、数学は実は苦手でした。

ところが教えていた小学生が中学受験をすることになり、必然的に特殊な受験算数を勉強するハメに…。

でも私は、もともと勉強することが苦にならないタイプだったので、楽しく予習することができました♩

(逆に、いまさら勉強なんてしたくないというタイプの人には塾講師は向いていません)

むしろ、塾でタダで中学受験対策の問題集をもらえてラッキーと思ったくらいです。

(それでも問題が難しくて、結局は解説書をチラ見しながら教えていたのですが…)

このほかにも、定期的な研修もあります。ここでは、最新受験情報の共有や指導法のアドバイスなどが行われます。

タダでいろいろなことを学べる上に、給料も支給されるので向学心のある人ならとってもおトクです。

また、私がバイトをしていた学習塾では年に1~2回、塾の顧問(経験豊富なカリスマ教師的な人)と塾講師の二者面談がありました。

面談では仕事に関する悩み相談や、事務作業の効率化に関する要望や提案などを受け付けてもらえるので、講師にとっては有意義な時間でしたよ。

 

コミュニケーション能力も上がる!

塾講師のアルバイトは自分自身の学力が上がるだけでなく、コミュニケーション能力もアップします。

ご存知のように、塾に来る生徒の中には勉強嫌いな子もやる気がまったくない子も少なくありません。

そのため、生徒とのコミュニケーションが重要になるからです。

「家でいくら教えてもやらないから、塾でやる気を引き出してもらおう」と考える保護者も多くいます。

ですから、常に子どもの興味を引き出すような教え方をしなければなりません。

また、休み時間には雑談をして生徒の気を引くこともするので、おのずとコミュニケーション能力が向上します。

コミュニケーション能力はほかの多くの仕事でも重要ですし、就活の際には自信を持ってこのスキルをアピールできると思いますよ♩

最初はコミュニケーション能力に自信がなくても、大丈夫です。

生徒に対する教え方や接し方などの研修もきちんとあるので、私のように講師経験がまったくない人や、バイト自体が初めての大学生でも安心して塾講師のバイトを始められます。

 

塾講師バイトの評判

ここで、大学生の塾講師経験者たちの本音にも注目してみましょう。

 

授業前後の時間外労働

「授業の準備や指導報告書の作成に時間がかかるのに、サービス残業になってしまうから時給に換算するとあまりよくない」

確かに、塾講師のバイト求人広告を見ると時給相場は1,200円~2,000円となっているのですが、授業前後の時間外労働を考えると給料はそれほど高くはありません。

授業前の準備に30分、授業が終わってから保護者に提出する指導報告書を書いたり、生徒の進捗情報などをパソコンに入力したりするのに30分、合計1時間時間外労働をしたとします。

個別指導の1コマ(例えば授業50分+休み時間10分)当たりの給料が1,500円だとしたら、2コマ(2時間)で3,000円です。

でも、実際には授業前後の作業があるので3時間働いていることになり、時給に換算すると1時間あたり1,000円ということになります。

とはいえ、頑張って長く働けば勤務態度や成果に応じて給料が上がる一方、授業前後の作業は効率的に行えるようになるので、他の多くのバイトに比べても時給はいい方だと思いますよ。

ちなみに、クラスを持てば1コマ当たりの給料は1,800円~3,000円にもなります。

ただし、クラスの1コマは75分~90分である場合も多く、また授業の準備や報告書の作成にも多くの労力が必要なので注意が必要です。

 

働ける時間が少ないから稼げない

「時給がよくても1回2~3コマくらいしか入れないから、あまり稼げない」

こちらも実際、その通りです。

早くても18時過ぎにならないと塾に生徒が集まらないので、平日は平均して2~3コマ、多くても4コマしか入れず、1回あたりのバイト料はだいたい5,000円以下である場合がほとんど。

でも、夏期講習や冬期講習など長期休みも講習を受け持てば1日10コマも可能なので(予習が大変になるので、さすがに10コマはキツイと思いますが…)、長期休みを利用すればしっかり稼ぐこともできます

 

複数の教科を一度に教えることも

「教科の異なる生徒を1度に見なければならないことが多くて、正直しんどい」

私も実際に、講師が足りないときには中学生の英語と小学生の算数を同時に受け持つ、という非常事態(?)が少なくありませんでした。

この状態で教えるのは、頭が混乱するし授業時間の配分にもいっそう注意しなければならないので確かに大変です。

とはいえ、こういう場合でも段取りをうまく組んでおけば乗り切れます

一方の生徒に問題集や小テストなどをやらせて時間を稼ぎ、その間にもう一方の生徒に解説するということをすれば、スムーズに授業を進められますよ。

 

やりがいはある!

辛口な感想を先にご紹介しましたが、やってよかったという感想もたくさんあります。

 

「小中学生と話していると、元気出てきて嫌なことも忘れちゃう」

というコメントがありましたが、小中学生は笑っちゃうくらいテンションが高い子が多いので、思わず自分まで元気をもらえるということが私もよくありました。

お笑いのネタをマネする子も多いので、逆にいま流行っている芸を教えてもらうことも多かったです。

 

「わかった、といってもらえるとやる気が出る」

こうした感想は、とても多く寄せられています。

問題を間違えてしまう子でも、解説してあげてわかってもらえるとやる気がでます。

これはきっと、塾講師経験者なら誰でもうなずくことでしょう。

 

「勉強がぜんぜんできなかった生徒が、ちゃんと理解してくれるとやりがいを感じる」

これもまた、世話好きな人や子どもが好きな人なら共感できるコメントだと思います。

「この子はやる気もないし、もう伸びないだろう」とあきらめていた生徒が、ある日きちんと理解してやる気になってくれる、ということが少なからずあります。

こんな経験をすると、塾講師をやってよかったと思いますよ。

 

教えるのが好きなら塾講師はおすすめ!

塾講師のおすすめポイントや評判について、詳しくご紹介してきました。

私がいた個人経営の地域密着塾は、とても待遇がよくて働きやすい環境でしたが、大手の塾も指導マニュアルが確立しているのでラクという口コミをよく見かけます。

一方、大手の塾では生徒数も多く指導報告書の作成も大変という感想もあります。

みなさんも一部の塾の勤務体制が、「ブラック」だというウワサを聴いたことがあるかもしれません。

つまり、同じ塾講師のバイトでも、塾長の方針や塾の環境によって働きやすさは大きく変わってくるのです。

ですから、これから塾講師バイトを始めようとしている方は、職場環境について求人情報サイトなどの口コミをよく調べてから応募するといいかもしれませんよ。

働きやすそうな塾を選んで、ぜひ塾講師のやりがいを味わってくださいね!