starlight

有名バイトからディープなバイトまで、様々なバイトを経験してきたライター達が送るバイトの裏事情

はじめてのアルバイト?ダメなら辞めちゃえばいいんだから気楽にいこうよ!

はじめてのアルバイト、とても緊張しますよね?!

わからないことばかり。

怖い人がいたらどうしよう?

間違えたらどうしよう?

私にできるかな?

できなかったらどうしよう?

きっと不安だらけなんじゃないかと思います。

はじめてのアルバイトは、どんなものを選んだらいいのか。

はじめてのアルバイトは、どうするのがいいのか。

これを読んで少しでも不安を解消してください!

 

これを書いている筆者は、アルバイト経験30件以上。

現在もアルバイトについていろいろ調べているので、たいていのことには答えられると思います!

そんな筆者がはじめてアルバイトをしたのは16歳の時の夏休み。

郵便配達のアルバイトを夏休みの間だけの短期バイトでやったのがはじめてのアルバイトでした。

それ以前にも、祖父に言われて畑でとれたえんどう豆を庭先で売ったり、小遣い稼ぎのようなことはしたことがありますが、社会に出て働くのははじめて。

これほど緊張したことはありません。

それこそ、「自分の上司が怖い人だったらどうしよう」とか「自分だけ仕事ができなかったらどうしよう」とものすごく心配でした。

スキー実習で、一緒にグループになってスキーを教えてもらうときに、一人だけみんなについてこれない子がいて、みんなはその子に気を使うし、その子もみんなに申し訳なさそうにしているし、気の毒だったのを覚えています。

「そんなことになったらどうしよう?」と、深刻に悩んだものです。

 

そもそもアルバイトを始める理由は何?

私は友人とバンドを組むことになっていて、ギターを購入するための資金を作ることが目的でした。

ほしいギターは5万円強。

なので、夏休みの間に5万円以上を稼ぐ必要があったのです。

 

郵便配達を選んだメリット

はじめてのアルバイトを不安なく乗り切るには、仲のいい友達と一緒にするのがおすすめです。

形だけじゃなくて、本当の友達ですよ?

私は一緒にバンドを組む予定をしていた4人と一緒に郵便配達のアルバイトに応募しました。

バンドを組むくらいの連中なので、本当に仲良し。

やっぱり、知っている顔がいるというのはホッとします。

それが仲良しならもっと心強いですね。

慣れてしまえば、みんな知り合いになるので、どうってことはないんですが、はじめてのアルバイトでは、慣れるまでが大変!

一緒に同じことをできる友人がいるのは力になります。

そして、郵便配達を選んだのも「当たり」でした。

自分の家の近所のエリアを割り振ってくれるので、土地勘があるのです。

これは配達の仕事においては最も重要なことなので、仕事がやりやすかったのを覚えています。

アドバイスとして、はじめてのアルバイトは「得意分野を選ぶこと」

私の場合、得意分野というわけではなかったですが、土地勘があるために郵便配達は苦ではありませんでした。

なので、はじめてのアルバイトは全く知らない仕事ではなく、少しでも自分が知っている分野のものを選ぶのがいいでしょう。

あるいは、やりたいバイトについてこうしたブログで細かく知っておくと、少し不安が安らぐかもしれません。

郵便配達には「内勤」という仕事もあります。

全国から集まってきた郵便物を、住所別に棚に仕分ける作業です。

私はこれが楽しくて仕方がありませんでした。

人より早く分けられるとうれしかったものです。

 

履歴書? 面接? 大丈夫! 

履歴書はどうやって書けばいいのでしょうか。

簡単な履歴書の書き方を説明しましょう。

・手書きにするなら丁寧に書くこと。

・間違えたら訂正せずに一から書き直すこと。

 面倒なら印刷でもかまいません。

・年号は西暦か元号のどちらかに統一すること。

・学歴は、高校生なら小学校から。

 大学生や社会人なら中学校から。

・特技や趣味の欄は、空欄にしてはいけません。

 なんでもいいので正直に書きましょう。

・画像はきちんと証明写真を撮ってきてください。

 その時は制服やスーツで写ってくださいね。

 

面接も同じ。

はじめての面接は緊張するものです。

緊張はしていて当たり前。

そして、言い間違えたり、うまく話せなかったりするのも当たり前です。

そんなことは気にしなくてもいいので、一生懸命取り組みましょう。

言い間違えたら、言いなおせばいい。

とにかく、自分をよく見せようとしないで、真剣に取り組みましょう!

 

私の場合、はじめての履歴書は人に見せられるようなものではありませんでした。

へたくそな字で筆圧も高く、手汗で紙が歪んでるところもあって、「必死」で書いたことがまるわかり。

何枚も書き直し、履歴書の用紙を全部使い切った思い出があります。

それでも足りなかったので、一番ましなやつを使いました!

 

面接に関しては、緊張しすぎてもう全く覚えていません。

「はじめてのアルバイト」とはそういうものです。

思う存分緊張してください!

採用担当の方からしたら、「はじめてのアルバイト」の面接で緊張しない人の方が怖くて信用できませんw

履歴書も、面接も、緊張して当たり前! 泥臭くても全力で取り組みましょう!

 

知っておかないといけない基本的な3つのこと

バイトをするうえで大切なマナーがあります。

それは「時間を守る」「身だしなみ」「あいさつ」の3つです。

 

①時間を守る

時間というのは、仕事をする上ではとても大切です。

たとえば、あなたの時給が900円だったとします。

あなたが10分遅刻して5人の人を待たせたとすると、あなたを含めて6人が10分仕事できなかったことになります。

合計60分。

あなたの900円分が10分の遅刻で無駄になるわけです。

こうしたことのないように、時間はきちんと守らなければいけません。

仕事が始まる10分前には、準備をして待っているようにしましょう。

約束の時間にも遅れることのないように。

これは社会にでて働く上で、最も大切で、信頼を得るためにも必要なことです。

ただ、早すぎても迷惑をかけることがありますので、急ぎすぎなくていいですよ。

 

②身だしなみ

人は見かけではありません!

外見がどうであろうと、その人がどういう人かはわかりません。

だから、大切なのは中身。

その心が大切です。

金髪でも、ピアスでも、ネイルでも、髭でも、個性は大切。

 

それでも、仕事をするうえでは話は違います。

その仕事その仕事に制服があるように、その仕事に合った格好というものがあります。

これはサッカーならサッカーのユニフォーム、野球なら野球のユニフォームがあるのと同じ。

なので、バイトに行くときは、きちんとそのバイトに合った格好をすること。

少なくとも、清潔感のあるように、無精ひげや寝癖などは控えること。

汚れた服や部屋着のような緩い格好もダメです。

派手なアクセサリーもせず、ネイルや香水なども控えましょう。

 

③あいさつ

アルバイトをはじめるうえで、あいさつはとても大切な要素。

アルバイトをやめたくなる原因で多いのは人間関係です。

その人間関係をうまく保つコツが「あいさつ」

「おはようございます」

「ありがとうございます」

「お疲れ様です」

「お忙しいところ失礼します」

など、基本的なあいさつができるかどうかが人間関係をよくするかどうかと深くかかわってきます。

 

あいさつのポイント

・しっかりと相手を見てあいさつする

よそ見をして適当にあいさつされると、不愉快なものです。

きちんと身体ごと相手の方に向けて、相手を見てあいさつしてください。

 

・大きな声であいさつする

ぼそぼそと話すのも相手を不愉快にさせます。

自分にそういう気持ちがなくても、「あの子私のこと嫌いなのかな」と思わせてしまうのです。

そういうことにならないように、大きな声でしっかりとあいさつしましょう。

 

・笑顔であいさつする

自分の体調が悪くても、気分がすぐれなくても、落ち込んでいても、しっかりと笑顔であいさつしましょう。

 

あいさつは人間関係の基本ですが、これがしっかりできる人はアルバイトも安心です!

この3つのマナーは、面接の時でも見られている可能性が高いです。

普段から自然にできるようにしておきましょう。

 

アルバイトと言えども仕事です!お金をいただくということについて

お金をいただくということは、「相手に感謝されるような仕事をしなくてはいけない」ということ。

お客様や取引先から感謝されるような仕事ができて「あたりまえ」です。

あなたが、はじめてのアルバイトで緊張しているのはいいことです。

その緊張感を、仕事に慣れても忘れてはいけません。

そして、自分がやりやすいように仕事をするのではなく、お客様がいちばん喜んでくださるように仕事をしてください。

「うまくできるだろうか」「失敗したらどうしよう」と自分のことを考えていると緊張するものです。

ところが、「どうすればお客様は喜んでくださるか」と考えて行動していると、緊張することはありません。

ようは「自分をよく見せる必要はない」ということ。

また、「自分以外を思いやる心を持つ」こと。

このことが、緊張を取り払い、うまく仕事ができるコツです!

 

自分をコミュ障だと思っている人へ

ネットではじめてバイトをする人の悩みを見ていると、「コミュ障」の文字が非常に多くて驚いています。

はっきり言って、私もコミュ障でした。

でもコミュ障ってなんですか?

うまく話せない人のこと?

うまく話せないのはなぜ?

相手を傷つけてしまわないか不安。

嫌われるんじゃないか不安。

変な人と思われるんじゃないか不安。

いろいろ不安なんですよね。

すごくわかります。

 

普通に人とすれ違うだけでも、「自分のこと悪く思われてないか」と不安になります。

近所の人を見れば、悪いうわさでもあるんじゃないかとか。

 

そんな私が「コミュ障」を乗り越えたのは、みんながみんな「コミュ障」なんだと気がついたときです。

 

みんな、自分に自信がないんです。

自分のことを悪く思われているんじゃないかとか、嫌われるんじゃないかとか、思ってるんですね。

 

コミュ障じゃない人はいないんだと思ったら、人にやさしく接することができるようになりました。

 

はじめて会うこの人も、自分を見て「嫌われるんじゃないか」とか「悪く思われてるんじゃないか」と心配しているんだと思うと、「こんにちは!」と優しく明るく話しかけ、「そんなことないよ!」と思わせてあげるようになります。

 

この人も、自分と同じように苦しんでいるんだ。

そう思うと、やさしく挨拶できるようになります。

やさしくいろいろなことを聞いてあげられるようになります。

 

そもそもあなたが話しやすい人って、そういう人じゃないですか?

やさしく話しかけてくれて、やさしく話を聞いてくれる人。

 

バイト先でも、学校でも同じですよ。

いっけん自分に対してきつい態度をとっている人ほど、「話しかけんな」という態度をとる人ほど、苦しんでいるんですよね。

 

だから、明るくやさしく「あいさつ」からはじめて、慣れてきたら、いろいろやさしく聞いてあげてください。

人は、多かれ少なかれみんなコミュ障ですから。

 

コミュ障を変えるにはリゾートバイトも!

リゾートバイトは、観光地で一定の期間住み込みで働くバイト。

あなたを知っている人は一人もいないので、ちがった自分になりきることができます。

これはコミュ障を治すチャンス!

そういう選択肢もあります!
 

はじめてのバイト 失敗パターンがこちら!

緊張しすぎて前日に眠れず、初日に遅刻するパターンは実はよくあるんですよね。

こんな時は仕方ない。

とりあえず時計を見て、間に合うならダッシュ!

間に合わないならすぐに電話!

「本日より、そちらでお世話になります、バイトの○○と申します。

大変申し訳ありませんが、昨晩緊張して眠れず、寝坊してしまいました。

本当に申し訳ありませんでした。

すぐに用意して向かいます。

○○時ころにはつけると思いますのでよろしくお願いします」

と、正直に話しましょう。

 

また、初日にオドオドしてしまうというのもよくあるパターンです。

ただ、初日にオドオドするのはあたりまえ。

気にしないことです。

 

初日に仕事が覚えられないという人もいます。

これもあたりまえ。

初日から覚えられる仕事もなかなかありません。

普通は3ヶ月くらいかけて覚え、3年かけてモノにするものです。

気にしない。

初日に大切なことは、言われたことを一つひとつできるようにすること。

覚えるだけでも精一杯な職場もあるので、覚えるだけでもいいですが、アルバイトは、まず「言われたことを確実にできるようにする」ことが大切。

それだけを心がけておきましょう。

 

まとめ

はじめてのアルバイトは緊張します!

それで普通。

面接で何を聞かれるかとか、できるかどうか不安とか、もうやってみるまではいろいろなことが心配です。

でも、そんなことはやってみないとわかりませんから、大丈夫。

いつも通りでいいんですよ。

ダメなら辞めちゃえばいいです^^

気楽な気持ちでいきましょう。

 

大切なのは一生懸命頑張る姿勢!

はじめてのうちはそれで充分です!

時間を守って、身だしなみを整え、しっかり挨拶できればOK!

まずはそれだけを心がけて頑張りましょう!

短期高収入バイト、疑問は経験者に直接聞けばいいんじゃない?!

すぐにお金が必要!

遊びに行くお金が欲しい!

留学費用を稼ぎたい!

などなど、短い期間で高収入を得ることができるバイトをお探しの方は多いんじゃないでしょうか?

それにしても、「短期で高収入だと、きつい仕事しかないんじゃない?」とか、「水商売はちょっと……」とか、いろいろな不安がつきまといますよね。

履歴書はどう書けばいいのかとか、面接ではどう対応すればいいのか。

その日だけのバイトでも履歴書はいるのか?

日払いできるバイトはどんなものがあるのか?

そんな疑問もありますよね。

ほかにも、短期っていってもどれくらいが短期なのか、高収入てどれくらいもらえるものなのか。

その間休みはあるのか。

人間関係はどうなのか。

こうした、ごく素朴な疑問に、バイト経験30件以上の実績を持つ筆者が、質問形式でこたえたいと思います!

短期バイト希望者必見です!
 

短期バイトっていうけど、どれくらいが短期なの?

ここでは、世間で言われている内容もそうですが、筆者の経験に基づいて、できるだけ実際の内容をお話ししたいと思います。

「短期バイト」といっても、求人によって期間はさまざま。

とくに何日から何日を「短期」とるするという決まりはないようです。

短期バイトの中でも、「今日だけ」「明日だけ」といった「一日だけ」のバイトを、「単発バイト」ということがあります。

単発のバイトといえば「一日だけ」と思って間違いないです。

これと違って「即日バイト」と言うのがあります。

こちらは、一日だけという意味ではなく、「すぐにできるバイト」ということ。

「今日申し込んで今日からでも大丈夫」とか「今日申し込んで明日からでも大丈夫」というものです。

ただ、こうしたものには単発や短期が多いのも事実です。

では、実際に「短期バイト」の期間はどれくらいが多いのでしょうか。

筆者の経験では、1日~3ヶ月くらいが一般に「短期バイト」と呼ばれる期間かと思います。

それでも、求人の中には「1年」くらいまでを短期に入れるものも極たまにあります。

また、「週1日からOK」といった求人も「短期」の求人に入っていることがあります。

基本的なことですが、求人情報をよく読むことは大切なことです。

さらに、求人情報に書いてあることがすべてではないことも事実です。

経験では、たいていの場合、働いている内に「短期だったけどもうちょっとやってみないか?」とか、「バイトで入ったけど社員になってみないか?」など、職場職場で状況は変わっていくもの。

なので、「長期不可」とか「バイトのみ」とかでも、結果的に長期で働けたり、社員になれたりすることはあるといえます。

そのためには、どんなバイトでも手を抜かずにしっかりと働くことが大切ですね。

なので、「3日だけ働きたい」とか「10日だけ働ける」とかでも、応募時や面接時に一応聞いてみるのがいいですね。

たとえば、求人情報に「1ヶ月から」と書かれていても、実際は1週間でも雇ってくれるところはあります。

こうした場合、電話で問い合わせ「1週間だけならできるんですが」と聞いてみることです。

 

高収入って、どれくらいもらえるの?

これも求人によってさまざま。

ひと昔前では、時給1000円以上は高収入といわれていましたが、現在は東京、大阪などの最低賃金は900円以上ですから、1000円では高収入とは言えなくなってきました。

筆者の経験では、短期で募集している高収入バイトには、意外と様々な業種があるのですが、高収入と呼べるものは1200円以上あるものだと思います。

注意しないといけないことは、業種によって賃金が違うのではなく、求人によって違うことがあるということ。

たとえば、イベントスタッフAで時給1200円だったから、イベントスタッフはだいたいそんなものかと思っていると、イベントスタッフBは日給2万5千円なんていう求人もあり、よく探さないと損をすることになります。

仕事の内容は、イベントスタッフの場合はどれもきついので体力に自信のない方はおすすめできませんが、同じ仕事なら収入が多い方がいいのも事実です。

ただ、「イベントスタッフ」という業種で、どうして収入に差が出てくるかは、やはり仕事内容に違いがあるからです。

時給1200円程度のイベントスタッフの場合、イベントの規模も小さく、きついとはいえ比較的楽。

かたや日給2万を超えるイベントスタッフの場合、イベントの規模が大きく、仕事も非常にきついといえます。

これも考え方次第なんですが、「大きなイベントの方が有名な芸能人を見ることができるかもしれない」などのチャンスはあります。

(筆者は見たことがないので期待はできないと思います)

収入においても、筆者の経験では月給25万の求人でも、面接時に30万円に上がったことがあります。

また、25万と書いていても試用期間18万からスタートということもあります。

こうしたことも、自分の頑張り次第で変わっていくことがあるということですね。

 

短期で高収入なバイトはきついんじゃないの?

これについても、ひと昔前は本当にきついものが多くありました。

建築系、土木系、引越し系、イベント系、運送系など、今もありますが、かなり体力的にきつい仕事です。

ところが、座ってできる仕事も今はたくさんあります。

とくに「通販」などが盛んにおこなわれるようになっており、運送系の仕事とともに需要が高まっているのが「コールセンター」のお仕事です。

これは通販の注文を電話で受ける仕事です。

「テレオペ」ともいいます。

クレームや問い合わせなどの電話が比較的少なく、注文を受けるだけなのでストレスなく仕事ができます。

時給も高収入といえる1400円程度が多く、筆者が今最もおすすめするバイトです!

これに対し、同じ電話系でも「テレアポ」と「テレマ」があります。

「テレアポ」は、こちらから業者や家庭に電話をかけ、営業を行うもので、契約をとれると収入は上がりますが、断られることが圧倒的に多くストレスのきつい仕事です。

「テレマ」もこちらから電話をかけてアンケート調査をする仕事です。

「テレアポ」よりは断られることは少なくなりますが、やはりストレスのある仕事といえます。

なかには、クレームを処理する部門もあり、そちらになると専門的ない知識も必要ですし、ストレスはかなりのものになります。

これらはすべて高収入ですが、知識の必要なものもあり、ストレスもきつく、おすすめはできません。

単発で注目を集めているのが「試験監督」です。

こちらも現在では求人を見つけやすくなりました。

試験監督は仕事も楽で高収入。

即日単発でできる仕事でもあり、登録して定期的にできる仕事でもあります。

ようするに、今日申し込んで次の日に試験があれば、すぐ次の日に働ける仕事でもあり、登録しておいて、試験のある日だけ続けることができるバイト。

 

このように、短期で高収入だからきついバイトしかないかといえば、現在はそうでもないというのが事実です。

パチンコスタッフ、GSスタッフなど、定番の楽な短期高収入バイトもあれば、今ではコインパーキング巡回スタッフとか、カメラマンアシスタントなど、珍しいものもあります。

よく探せば「楽して稼げるバイト」がたくさんありますので、じっくりと探してみてください。
 

日払いはできる? 掛け持ちは?

日払いできるかどうかは、応募時や面接時にしっかりと確認しておきましょう。

求人情報では、「週払いOK」でも日払いはできないものも「日払い」の検索で引っかかってくることがあります。

きちんと確認しておかないとトラブルのもとになります。

また、単発のその日だけの仕事でも日払いではないことがよくあります。

こうしたことも、応募時に確認しておいてください。

掛け持ちについては、ほとんどの場合自由にできると思います。

筆者も、たくさんのバイトが経験できたのは「掛け持ち」のおかげ。

多い時は一日に4つくらいのバイトを掛け持ちしていたことがあります。

バイトできる時間がまとまって取れないために、空いている時間に違うバイトを入れた結果そうなりました。

掛け持ちバイトのコツは、バイト先からバイト先の距離を考えて選ぶことです。

次のバイト先が遠いと時間のロス。

筆者の場合、整骨院助手をしながら近くのスーパー銭湯の受付、近くの工場で携帯基板の検査、近くのコンビニで店員などをしていて、同じお客様に会うことも多く「いろんなとこで会うね」とからかわれたものです。
 

短期バイトの人間関係は?休みはどうなるの?

これも、筆者の経験による実際の話をもとに見ていきます。

人間関係については、単発、一日だけのバイトでは、ほとんど会話することがありません。

イベントスタッフや運送系、引越し系などでは「指示」がくるだけで、あとはもくもくと仕事をこなす感じですから、無口で体力的に自信がある人にはおすすめ。

休憩中や移動の車中などで、「どこからきた?」「何回目?」などのたわいもない会話はありますが、それほど苦痛ではありません。

逆に、仕事がものすごくきつかったり、ものすごく忙しかったりすると、会話がなくても団結力がわいて一日だけなのに妙に仲良くなったりします。

まさに「戦友」といった感じ。

単発バイトには、ほかのバイトにはない人間関係があります。

短期でも、3ヶ月などでは長期となにもかわることはありません。

人間関係を乗り越えるポイントとしては

  1. 誠実に付き合う
  2. 挨拶は欠かさない
  3. なるべく迷惑をかけない

の3つです。

 

①誠実に付き合う

人間は、人間扱いされているかどうかということを潜在意識でものすごく敏感に察知しています。

そして、自分を人間扱いしない連中に対しては、やはり人間扱いしてくれません。

人間扱いとはどういうことでしょうか。

これは最近では認知症治療などでも言われるようになりました。

まずは「相手の目を見て話す」ということ。

「目」といっても、本当に目を見て話されると嫌な人もいます。

なので「相手の顔を見て話す」といいかえてもいいかもしれません。

とにかく、「私は今、あなたに話しています」という意思表示が大切です。

次は、きちんと答えるということ。

「はいはい」と返事をされるといい気持ちはしませんね。

ましてや無視されると腹が立ちますね。

こうして文章にすると「あたりまえ」のように見えますが、人間関係を悪くしている原因のほとんどはこうしたことなのです。

誠実に付き合うとは、「相手の顔を見て、きちんと返事する」といいかえてもいいかも知れません。

さらに付け加えるなら、もちろん「嘘をつかない」「相手のものを黙って使わない」「相手の悪口をいわない」のは当然ですね。

とくに悪口は、本人のいないところでは絶対しないこと。

いうなら直接言った方が、人間関係がこじれることはありません。

逆に、ほめるなら本人のいないところで。

人伝いに「○○さんがあなたのことほめてたよ」といわれるとものすごくうれしいものですが、「○○さんがあなたの悪口言ってたよ」といわれるととても気分が悪くなりますね。

 

②挨拶は欠かさない

これは人間関係を良好に保つ上でとても重要。

とくに人間関係を深くしたくなくて、どちらかというと一人でやっていきたいという人にもオススメ。

逆に言うと、「挨拶だけでいい」です。

人間関係を良好に保つには「挨拶だけでいい」んです。

なので、相手の顔を見て、はっきりとあかるく挨拶する。

これだけはやるようにしましょう。

あとの会話は「ごめん。仕事あるから」と切り上げてもいいのです。

 

③なるべく迷惑をかけない

仕事で人に迷惑をかけることといえば、遅刻、欠勤がはじめに挙げられます。

こうしたことはなるべくしないようにし、どうしても仕方がない時は「わかった時点ですぐ連絡」してください。

ほかにも、「仕事ができなくて迷惑をかける」ことがあります。

わからないことは恥ずかしくても聞くこと。

聞いたことは忘れないようにしっかりと覚えること。

人に迷惑をかけない程度には仕事ができるように頑張りましょう。

どうしてもダメなら仕事を変えるべきです。

報連相もここに入ります。

仕事上、普段と違うことはどんな些細なことでも上司に報告すること。

取りあえず上司に報告しておけば、なにかあっても自分の責任を問われることはありません。

上司に報告していなかったら、自分が責任を問われることがあるのです。

なので、異変に気づいたり、トラブルの予感を感じたらすぐに上司に言っておくことです。

 

これだけやっとけば、人間関係は大丈夫。

少なくとも自分に非はありません。

 

休みについては、法律的には何日勤務につき何日の休みが必要といった決まりはあると思います。

ただ、経験では1週間くらいの短期バイトでは休みはありません。

休んだらその分収入が減りますから、休みたくもないですしね。

1ヶ月ともなると週休二日で他と変わりはありません。

2週間などでは、間に一日くらいの休みが入ります。

どちらにせよ、自分の希望で休みは取れると思います。

職場が休みであれば、嫌でも休みですしね。

 

短期バイトは履歴書や面接はどうなってるの?

即日で、「今日すぐ」とか「明日すぐ」のバイトであれば、ネットでの応募情報が履歴書代わりになることが増えてきました。

応募の入力フォームに入力することで、その内容を検討するわけです。

そのため、入力フォームでも細かな情報を入力することもあり、面倒ではあります。

即日単発のバイトの場合、面接はなく、メールや電話で集合場所と時間を伝えられるようなこともあります。

 

履歴書の書き方のポイント

筆者は介護業界で人事の採用をしていたこともあります。

その目線から履歴書の書き方で大切な部分を簡単に説明しておきます。

 

①手書きならいいってもんじゃない

履歴書というと手書きにこだわる人がいますが、これはおすすめできません。

汚い字で力なく書かれていると、それだけで不採用となることがあります。

手書きで書くなら、心を込めて楷書でしっかりと。

訂正はせず書き直すこと。

現在はネットでも打ち出せますので、入力でいいと思います。

採用担当も読みやす方がいいですから。

 

②隙間だらけの履歴書はダメ。

履歴書のフォーマットには、特技や趣味、志望動機など、さまざまな項目があります。

こうした項目にあてはまることがないからといって、何も書かないで出すのはダメ。

「住所や経歴が分かればいいだろう」という履歴書は、採用の見込みはありません。

実際に仕事場でこうしたことが起こったときに、工夫できる人材がほしいわけです。

なので、あてはまらなくても工夫して書けることが大事。

 

③志望動機は正直が一番だが、自分のことだけ考えているようではダメ。

社会というのは、会社が儲けてその利益の一部を社員やバイトに給料として支払うことで成り立っています。

会社が儲からないとバイトの給料はでないばかりか、求人もなくなります。

なので会社は、「会社の利益」を考えられる人材が欲しいのです。

志望動機に「貯金が趣味で500万円貯めたいから」と書かれていても、本当ならいいんです。

ただし、「貯金が趣味で500万円の貯金を目標にしています。御社の利益を第一に考え、精一杯頑張りたいと思います」となると、グッと引き付けるものが出てくるということです。

 

これは面接でも同じです。

会社の利益を考えられるということは、非常に大切。

例えば、給料が少ないとか、休みが少ないとか、残業が多いとか、セクハラ、パワハラがあるとか、従業員やバイトの立場であれば、「この会社最悪!」といった「文句」にしかなりません。

これが経営者側の目線であれば、「早急に給料を増やさなければいけない。そのためには売上を○○%伸ばさなければいけない。そのためには……」とか「休みを増やすためにはシステムを改善しないと」「残業が多い原因はなんだろう?」「セクハラパワハラをなくすために研修をして意識改革しないと」といった具合に、いろいろなアイデアや工夫につながる発想をするようになります。

こうした人材であれば、採用間違いなしです。

面接においても、「この会社をもっと大きくするためにはどうしたらいいだろう?」といった発想をもって、すでに採用どころか幹部になったつもりで真剣に考えてみることです。

 

もう一つの注意点は、バイトの場合はそこまで求められていないこともあるということ。

バイトの面接で最も大切なのは、「言われたことはきちんとやります!」という姿勢です。

まず、言われたことはきちんとすること。

次は、言われなくてもきちんとすること。

さらに、自分でやるべきことをみつけられること。

こうした段階があるので、まずは言われたことはきちんとできるようになってください。


 

まとめ

短期高収入バイトについて、素朴な疑問点を筆者の経験から解説してきました。

バイトをはじめるのはエネルギーのいることです。

緊張もするし、ドキドキしますよね。

「嫌な人ばっかりだったらどうしよう?」とか、「自分にできるだろうか?」とか、不安なことだらけです。

「お休みは希望通りに取れるかな?」とか「収入は足りるかな?」とか、考えだしたらキリがありませんね。

でも、大丈夫です。

嫌な人ばっかりでも、「自分に優しくしてくれる人に意地悪する人はいない」ので、きちんと顔を見て挨拶していれば、人間関係は乗り切れます。

短期バイトは、簡単な内容がほとんどで未経験でも大丈夫な仕事ばかりですから、よほどのことがなければできます。

お休みや収入は、応募前に電話できちんと確認しておくこと。

確認しておけば、不安は減ります。

 

みなさんがいい短期バイトを見つけて、たくさん稼げますように陰ながらお祈りしています。

フィクション?!体験談?!つらいバイトの乗り越え方!

最初に断っておきますが、これはフィクションです。

けして私の体験談ではないことを最初に断っておきます!

ほら、何年か前に連れに聞いた話ですから。

フィクションですよ!

ヒックション!!

し、失礼。

 

『僕の名は佐藤翔太。

二十歳だ。

Fラン大の二回生だが、ほとんど大学には行かず、部屋に引きこもるようになってもう一ヶ月がたつ。

赤点が原因とか、失恋が原因とか、うわさはいろいろあったが、真実は僕にしか分からない。

その僕が、深夜のバイトをはじめたのは、いよいよ生活費に困ったからだと思われている。

これも本当のところは内緒だ。

 

どんなバイトもなめてかかるな!

「おまえ、コンビニなめてんのか?」

それは初日。

店長のきつい言葉からはじまった。

それもそのはず、僕の頭は寝癖がひどく、地味でみすぼらしい黒の長袖Tシャツにカーキーの綿パン。

うっすら無精ひげさえ生えている。

「い、いや、そんなことは……」

こんなはずでは!

全身から冷や汗が溢れ出るのを感じた。

「たかがコンビニのバイトと思って舐めてんだろう? 帰っていいぞ」

僕が何か言う前に、店長は冷たく言う。

意外となぁなぁな面接もあるが?!

僕が面接を受けたのは、それから二、三日前のことだった。

その時は、ドリンクが並んでいる冷蔵庫の横にあるスタッフルームで、店長の奥さんが面接をしてくれた。

「まぁ! 店長と同じ高校じゃない。店長の後輩ね。厳しい人だけど、がんばってね」

履歴書を見てそう言う奥さんは明るくて、僕の服装や髪型や無精ひげについては何も言わなかった。

面接というか、談笑のようなものだ。

お茶を出されてたわいもない話をした。

「最初は深夜って言っても昼勤で仕事を覚えてもらうから、10時に来てくれる?」

そのまま採用。

「ら、楽勝じゃねーか!」

僕は人生を勝利したかのような気分で帰ったものだった。

 

 

「帰るのか? 働くのか?!」

店長は厳しい口調で僕に言った。

「働きます……」

うつむいて返事をする僕を、店長はさらに怒鳴りつけた。

「聞こえない!」

「は、働きます!」

今度は姿勢を正して顔を上げ、大きな声で返事をした。

「トイレで寝癖直してこい! 明日からはひげもそってこい!」

黒い制服を渡され、僕はトイレに向かう。

「ちくしょー! どうなってんだよ? 話がちげーじゃねーか!」

鏡に映る寝癖を直す自分に向かって、さっそく不満をぶつける。

何の話と違うのかは謎。

「早くしろ!」

外から店長の声が追い立てる。

「はい!」

僕はもうビビりきってすぐに外へ出た。

 

コンビニバイトは楽じゃない!

それからは、商品の補充から、在庫の確認、トイレ掃除、ゴミ箱のゴミ回収、灰皿洗い、レジ打ち、保険や公共料金の支払いについてや、宅急便の処理の仕方などを何日も叩き込まれ、タバコの銘柄を全部覚えさせられた。

その間、お客様にはわからないように、タイミングよく怒鳴られまくった。

「コンビニバイトって何だと思ってきたんだ! おまえらの遊び場じゃないぞ!」

「きびきび動け! だらだらするな! やる気がないなら帰っていいぞ!」

「迷惑するのはお客様なんだよ!」

「商品の発注間違えて損害が出たら、おまえ弁償できんのか?!」

「棚に隙間のあるコンビニで買い物したいか?!」

「待たされるコンビニなんか便利じゃないだろ!」

「もっと動け!」

「もっと気を配れ!」

「うしろにも目をつけろ!」

 

僕にとって、地獄のようなつらい日々だった。

毎日、「もう辞めよう」

「今日で辞めよう」

「今日こそ辞めよう」

そう思って家を出た。

 

「おい。佐藤」

商品の補充をしているとき、店長に声をかけられた。

「は、はい!」

僕はもうビビりきって返事をする。

店長に声をかけられたときは、100%説教だ。

「今、店内にお客様は何人いる?」

意外にも説教ではなかった。

「えっと……」

僕は店内を見回そうとした。

「見るな」

「え?」

驚いている僕に、店長は珍しく諭すように話した。

「いいか。常に店内にお客様が何人いて、それがいくつくらいの人で、男性か、女性か、どんな人か、必ず把握しておけ」

 

仕事場のルールは守れ!

「あー! クソ店長○んでくれんかな?!」

いつの間にかできた同僚の田崎が言う。

僕は深夜希望だったが、夕方のメンバーと気が合ったので夕方でもう何か月もやっていた。

バイトは回転が速いので僕と田崎でもかなり長い方だ。

田崎は僕よりもおしゃれでイケメンだがチャラい。

「しー! 聞こえるって」

僕は相変わらずビビりきって田崎を制した。

「しるか。こっちは休憩中じゃ!」

田崎は事務イスにふんぞり返って、デスクに両足を乗せる。

「腹減ったなぁ」

田崎はそう言ってゴソゴソと廃棄になった弁当をあさりはじめた。

「おい! それ食ったらダメなやつ……!」

普通、期限の切れた弁当や食品類は廃棄処分にされる。

昔は「自由に持って帰ってもいい」なんてことがあったが、今は全面的に廃棄。

食中毒や危機管理の問題があるためだ。

僕はまた田崎を止めるが、田崎はまったく動じない。

「バレることなんかないって。ほら、おまえも好きなやつ食えよ」

田崎はとんかつ弁当を広げ、廃棄弁当の袋を差し出した。

「ほら食えよ!」

うまそうに食っている田崎を見て、僕も塩豚丼をあけた。

「うぉ! うまぁ! めっちゃうまくね?!」

「な? これを廃棄にするってどうなん?」

「コンビニバイトさいこー!」

 

問題は次の日に起きた。

廃棄弁当を食べたのがばれた。

信じられないことに、田崎が食べっぱなしで片付けるのを忘れていたのだ。

「誰だ」

並べられたのは、前日のその時間に勤務していた田崎と僕、それから最近入ってきた女子高生のさくらちゃんだ。

さくらちゃんは店長の剣幕に半べそをかいていた。

かわいそうに、完全なとばっちりだった。

「田崎!」

店長が怒鳴る。

「俺、知りません!」

田崎は完璧にシラを切った。

(おい! お前だろ!)

僕は冷やあせを滝のように流しながら田崎をガン見する。

田崎はこっちを見るなと首を軽く振った。

「鈴木!」

今度はさくらちゃんが怒鳴られた。

さくらちゃんは、なにも言わずに泣き出した。

よほど怖かったんだろう。

ただそれは、「彼女が犯人」のように見えた。

「おまえか!」

店長は座り込んで泣くさくらちゃんに追い打ちをかける。

はたから見ても、その展開に田崎が若干ホッとしているのがわかった。

(こいつマジでクソだな!)

僕はそう思った。

ここは度量が試される重要な瞬間だ。

 

田崎のようにシラを切るのか?

正直に名乗り出るのか?

 

緊迫した空気の中、店長が言った。

 

「店戻れ」

 

それと「レジお願いしまーす!」の声が届いたのはほぼ同時だった。

 

僕にとって天使の声だ。

「いってこい」

店長は田崎と僕を店に戻した。

「やばかった! おまえ絶対言うなよ!」

田崎が耳打ちする。

こいつクソだなと田崎を見ながら、僕は店長が「店へ戻れ」といったタイミングと、「レジお願いしーます」の声が重なったことに、少し違和感を感じていた。

店長は、スタッフルームの扉を背に、こちらを見て説教をしていた。

パソコンの横にある防犯カメラのモニターも、店長からは見えるわけがなかった。

「どうしてわかったんだろう……」

 

理不尽なルールもある?!

「さくらちゃん大丈夫? 誰が弁当食ったんかなぁ。最低やな!」

しばらくすると商品棚に商品を補充するふりをして田崎がさくらちゃんを口説いていた。

「もう! 田崎さん!」

ふざけあって笑う声が聞こえる。

(さ、さくらちゃん、そいつだよ! そいつが犯人だよ!)

自分も片棒を担いでいる手前、本当のことは言えない。

「ちょっとお兄さん」

レジに立つ僕に、白髪の淑女が声をかけてきた。

「はい!」

「あの機械の使い方教えてくれる?」

老女はそう言ってATMを指さす。

「あぁ~。あれですか……」

戸惑っていると、さくらちゃんがきてくれた。

「どうぞ。私やりますよ」

「まぁありがとう」

二人はそのままATMの方へ歩いていく。

田崎もそれを見ていた。

「まぁいいんじゃね?」

レジにもたれかかって田崎はそういうが、ATMの操作は本人様以外が行うことは禁止されている。

これは「オレオレ詐欺」の影響だが、操作の説明も禁止なのだ。

操作を説明するふりをして大金を振り込ませる詐欺が横行していることがその理由だ。

さくらちゃんは、何も知らずに機嫌よく操作を代行している。

もっともダメなパターンだ。

「どうされました?」

そこへ割って入ったのが店長だった。

「使い方がわからないから、このお嬢さんに教えてもらっていたところですの」

老女は店長にそう説明する。

さくらちゃんも手柄をあげたように誇らしげだ。

「そうなんですね。ただ、こちらの機械はスタッフの操作が禁止されているんです。使い方のわかる方と一緒にもう一度来てもらえますか?」

店長は当たり障りのない笑顔でそう答えた。

「どうしてですの? 教えてくれたらいいじゃないの」

老女は不満そうに話す。

さくらちゃんは事情を把握して真っ青になっている。

田崎は僕の方をみて茶化す。

「おまえ最低だなぁ。教えたれよ~」

(このクソ野郎)

そう思いながらも、反論できないことを悔やんだ。

それにしても、お客様のことを考えると、一緒に操作するのが一番なのに……。

 

「なぜ彼女に教えなかったんだ!」

店長がいつものように田崎と僕を並べて問いただす。

「俺は商品補充してたんでわかりませんでした」

田崎はいつものようにしれーっと嘘をついた。

「おまえは?」

店長は僕を見た。

「ぼ、僕もレジうってたんで……」

店長は、言い訳を遮って言った。

「覚えてるか? 店のなかに何人お客様がいて、どんな人なのか把握しておけといっただろ」

店長はそれ以上何も言わずに店に戻っていった。

 

クリスマスは忙しい?!コンビニバイトはお祭り騒ぎ

ハロウィンは終わったが、クリスマスはコンビニにとって一大イベントだ。

僕はクリスマスが誕生日だが、今日のように仕事でなくてもクリスマスと一緒にされて誕生日を祝ってもらったことはない。

店の前に屋台を作って唐揚げやチキンを売ったり、クリスマスケーキを大々的に売り出すのだ。

もちろんいつもよりお客様の数も多い。

バイトも総出で出勤し、お祭り気分だ。

どうしてか僕と田崎はいつもペアを組まされる。

外でサンタコスでチキンを売るさくらちゃんたち女性陣を尻目に、中を二人で任されてしまった。

日も暮れはじめ、お客様の数も増えだしたころ、店の電話が鳴った。

「はい。○○マート◇店です」

僕はいつもどおり電話に出る。

「あ、佐藤君?! 私。店長が倒れて入院したから、店長も私もいけないの。あなた今日、店長代理として店仕切って頂戴!」

それは店長の奥さんからだった。

いつもノー天気な奥さんの声が緊迫していて有無を言わせない迫力がある。

「で、でも!」

僕が何か反論しようとすると、「大丈夫! あなたならできるわ。じゃあお願い!」と電話を切られた。

田崎はなんだかんだ口実をつけて外へ出ては女性陣と遊んでいる。

 

立場が変われば目線が変わる?!目線の違いがつらいバイトを楽にする!

僕は全身が冷や汗で濡れていくのを感じた。

バイトはしょせんバイトだ。

適当に言われたことだけやってるふりをしてればいい。

店の売り上げが上がろうが、悪かろうが、評判が上がろうが悪かろうが、お客様が待っていようがいまいが、時間中だけ仕事をしているふりをしていればいい。

廃棄弁当を黙って食べても、トイレ掃除をさぼっても、ゴミ出しを適当にしてカラスに荒らされても、ちょっと怒鳴られればすむ話だ。

 

ところが、店長代理だとどうだろう。

店の中には数人のお客様、目の前のレジにも人が並んでいる。

田崎は外で女性陣とだべっていて、何も見えていないもう一人が商品棚を補充している。

 

そこで僕は我に返った。

「レジお願いしまーす!」

大声で人を呼ぶ。

それから目の前の商品のバーコードを読んでいく。

(田崎をなかに戻さないと)

(目の前に並んでるのが三人、一人目が雑誌一冊、二人目がドリンクとサンドイッチ、三人目は何も持っていないから支払かタバコかホットフードか)

(それ以外に店内に4人、1人は立ち読み、もう一人はトイレ、もう一人はトイレ待ちでドリンクの前、もう一人はサラダとか見てる)

「いらっしゃいませこんにちわー!」

バーコード読みながらいろいろなことを思いめぐらしていると、隣のレジのやつが大きな声を出した。

(次のお客様が入ってきた。OLかな? 仕事帰りか。晩飯でなければデザートか。クリスマスケーキかチキンなら外で買っているはず)

そうこうしているうちにレジがはける。

「田崎! 中は入れ!」

僕はすぐに田崎を呼んだ。

「どうした?」

田崎は僕の異変に気付いて真顔で聞いてきた。

「店長倒れた。僕が店長代理だから」

いつになく冷たい口調になったが、田崎は理解したらしかった。

「さくらちゃんと○○ちゃんは引き続き外。○○も外で呼び込みやって! サンタコスしろよ! ○○はなかでチキンあげて! ○○と俺は商品補充とレジ! 佐藤は店長代理だから手をあけとけ!」

田崎は別人のように現場を仕切る。

こいつなんていい右腕なんだ!

 

(でも、外の人間を交代させないと身体冷やすぞ?)

(スタッフルーム温めて、なにか身体の温まるもの摂らせないと!)

僕はすぐスタッフルームの暖房を確認する。

「さくらちゃんたち交代して中で温まって!」

(お客様はどうかな? 中の暖房暑すぎないかな?)

(チキンはちゃんと揚がっているのか?)

「○○、ゆっくりでいいから美味しく揚げて。カラッとね!」

ぐるぐると頭を回転させる。

それは「バイト」とは違う目線だ。

今までは、雇われる側の目線だった。

今は、雇う側の目線だ。

毎日見ていたこと、していたことが、180度違って見える。

その間も、店のなかに何人お客様がいて、何人レジに並んでいるか、いろいろなことを把握しようとする自分がいた。

そうしないと不安なのだ。

 

周りを思う気持ちが全体の把握につながる!

「店長出さんかい!!」

ものすごい怒鳴り声に、一斉に視線が集まった。

もちろん僕もその方向を見た。

「わしの方がこいつより先に並んどったやろうが!」

少し前に入ってきて、トイレにそのまま駆け込み、しばらくしてドリンクコーナーでワンカップをとり、ビーフジャーキーをとってレジに来たおじさんだ。

すぐにトイレに駆け込んだことや、身体をあちこちさすっていることからも寒かったんだろうとわかる。

 

「店長出せゆーとんねん!」

声のトーンは落ちることなく、レジの田崎の「こちらのお客様が先に並んでおられましたので」という説得に全く応じようとしない。

「証拠見せろや!」

僕は心臓が爆発しそうなくらい強く打っているのを感じた。

今日はなんて日だ。

 

店長は休みだともいえる。

自分が店長の代わりだともいえる。

 

さぁどうする?

 

さくらちゃんも心配そうに見てる。

また、しらばっくれるか?

 

まぁ、実際冷静に考えると、自分には関係のないことだし、出ていく義理はない。

ないのに!

 

「私が店長です」

 

本当に仕方なしに、そういってその場に出ていった。

というか出てた。

「おう! お前か。わしの方が先にならんどったんじゃ。どないしてくれんねん!」

おじさんはガタイがよく、おなかもでっぷりとしていて迫力がある。

もちろん僕は内心震えていた。

「ほかのお客様もいらっしゃいますので、こちらでお話しませんか?」

そういってスタッフルームへなんとか連れ込んだ。

スタッフルームのなかは、交代のために少し暑めに温度を設定していた。

おじさんはそれで少し落ち着いたようだった。

「申し訳ありませんでした。ただ、お客様の前にあの方が並んでいたのは間違いがありません」

おじさんの話を一通り聞いた後、僕は真実を話した。

 

「お客様の前の前に並んでいたのが、ニットの帽子をかぶった女性のお客様で、ワインとチキンを買っていかれました。

その前が若い男性でマガジンを買っていかれました。

その前も男性でホットコーヒーを、それからその前が若い女性でスマホの充電器を買っていかれました。

それからその前が……」

僕が延々と覚えている限り話していくと、おじさんの目は点になっていた。

「それ、全部覚えてんの?」

「はぁ、今日だけ気合入れて……」

「たいしたもんやなぁ!」

それからおじさんは「店長に免じて」と機嫌よく帰っていった。

店長じゃないけど。

 

なんとか乗り切って仕事を終えると、スタッフルームには店長が待っていた。

「お誕生日おめでとう!」

店長、奥さん、田崎、さくらちゃん、スタッフのみんながクラッカーを鳴らしてくれた。

「おどろいた? どっきりだから」

奥さんが笑う。

「えーマジか!」

僕はまぁ店長が倒れてなくてよかったと思った。

「僕はバイトでいっすわ~」

照れながらそう言う。

「でも、店長の言ってた意味が分かりました。

店の中を把握するってやつ。

お客様や、スタッフのこと考えると、みんな把握してないと不安なんですね。

それは、みんなのこと大事に思ってるからなんですね」

店長は照れ隠しか「全部こいつのたくらみだ」と奥さんのせいにしてた。

 

こうして、本当につらかったバイトが楽しいバイトに変わっていったんだ』

 

まとめ

はい。

やっぱりフィクションでしたね~。

いや、実はこれは筆者の体験談のもとに作っています

つらいバイトを乗り切るためのポイントらしきものは、いくつか盛り込まれています。

これは事実。

ただ、結論を言うと、「無理しないで辞めちゃっていいんだよ」ってこと。

つらいバイトを無理に続けることはありませんよ。

あなたにあったバイトはたくさんありますから、じっくり自分にあってるバイトを探しましょうよ。

翔太のように「頑張れば乗り切れて、何か学べるバイト」もあれば、「頑張っても報われないバイト」もありますから、「こりゃ報われねーな」と思ったら、早めに辞めた方がいいってもんです!

その見極めは、雇う側に周りを思う気持ちがあるかどうか。

雇う側も、儲けないと、みんなのお給料も出せませんから、儲けも大切。

でも、きちんとスタッフのことを考えてくれているか、お客様のことを考えてくれているか、こうしたことを確認しながら、そのうえで職場全体の利益も考える目線を持ちましょう。

そうすると、そこが「いい職場」なのか、「つらいだけのバイト」なのかがわかるようになりますよ。

つらいだけのバイトは、誰も得しません。

辞めちゃってください!

著者

ハンドルネーム:天笠 多菜葉

経験したバイトは20個以上!経験の多さの秘密は、短期バイトと掛け持ち。

休日は京都でまったり。寺社巡り、パワースポットが大好き!
昔から霊感強くて幽霊見えます!臨死体験も!
映画鑑賞が趣味で、今は海外ドラマ「メンタリスト」「スーパーガール」にはまってます。

今は鍼灸師として患者様を診ています!催眠療法士としても活躍中。
将来の夢は小説家です。

もっと稼ぎたい!!お金が稼げるバイト、教えます!

お金ってあってもあっても使っちゃいませんか?

今の時代、欲しいものがいっぱいで貯金すればいいのに、ついついお金を使いがち。それくらい欲しいものがまだまだ手に入っていないということです。1ヶ月、一生懸命働いても追いつきませんね。

 

もう少し給料が多かったら?

 

もしもう数万円給料が多かったら、あなたは何に使いますか?友達と飲みに行く回数を増やしますか?流行の服を買い揃えるのもいいですね。スマホを最新機種に変えたいって人も多いのでは?

自分の趣味にあてるのもいいですし、日帰り温泉旅行とかいいんじゃないですか?

 

給料って残酷ですよね。

 

同じ時間働いても時給が違うだけで、1ヶ月で数万円も給料に差が出てきますから。わたしも同じ職場で働いている人と時給が200円~300円違うなんてこともありましたよ!もちろんわたしが下です。

特に能力に差があったわけではないのですが、こういったことが起きてしまうのが現実の社会なんです。同じ仕事をして稼げるお金が違ってくるとは…

 

でも考え方を変えれば、わたしも高い時給でお金が稼げるということです。それはあなたも同じでたくさんのお金が稼げるのです。そこで今回は「お金が稼げる高収入バイト」特集を組むことにしました。

どうせ働くなら、たくさん稼げた方がいいじゃないですか!

 

ここで稼ぎ方を学んで、洋服代や飲み代、つまりあなたのお小遣いをもっと増やしちゃいましょう!

 

高収入っていくらから?

さきほどお金が稼げる高収入バイトの特集と伝えましたが、では一体、高収入とはいくらからのことでしょう。

もちろん月に100万円というお金を稼ぐとか、あまりに現実的でない“稼げる”の話ではありません。あくまで多くの人に条件が当てはまるバイトをご紹介します。

 

まずわたしがお伝えしたいのは、バイトをするなら派遣でバイトをしようということです。時給の観点から見れば、多くの人に条件が当てはまるような仕事で、高時給となると断然派遣がいいのです。

話を戻します。高収入とはいくらぐらいなのか。時給1000円を超えればお金が稼げるな、と感じる人もいれば、1200円くらいからそう感じる人もいるでしょう。

 

ちなみにわたしの場合は、徐々に感覚が変わってきています。初めは時給1000円を超えたらお金が稼げるなぁと思いました。しばらくして1200円くらいじゃないと、と思うようになり今では時給1500円を超えないとお金を稼げる感じがしません。

まぁ、色んなバイトを経て徐々に変わっていったということなのですが。ただ、わたしのように気付くのが遅いと、だいぶ損してきたなぁと感じてしまうのではないかと思います。

ですからここで知るべきを知って、初めからお金がたくさん稼げるバイトをした方がいいのではないかと思います。

 

どれくらいの期間、安い時給で働いてたのかって?

 

それは言いたくありません。(察してください)

あくまでこの特集では高収入バイトをおすすめしてはいきますが、時給がすべてではありませんから。働きたいバイト先で働いて、お金を稼げるということもひとつの幸せです。そういう気持ちは、忘れないようにしたいですね。

 

派遣ってどんなバイトがあるの?

派遣ってやったことないからよくわからない、なんて人もいるでしょう。そこで派遣について簡単に説明します。

派遣とは登録制のバイトとイメージしてもらえれば伝わりやすいでしょうか。派遣会社に登録をすることでバイトを紹介してもらい、派遣先に赴いて、あなたはそこでお金を稼ぐわけです。

 

そんなに簡単なのかって?

 

簡単ですよ。求人サイトから応募して登録説明会に参加すれば基本的にはOKです。面接もありませんし、登録だけなら誰でもできるでしょう。これでお金が稼げるようになるわけですから、派遣はほんとうにありがたいシステムです。

もちろん紹介される仕事は個人の能力にあったものを紹介されるでしょうから、資格や専門的なスキルを持っている人はよりお金が稼げるバイトを紹介してもらえると思います。

 

それともうひとつは、経験者かどうかで待遇は変わると思います。初めは経験を積む意味で働き始めるのもいいですよ。わたしはなんの取り柄もなかったので、経験を積むことでのちのち時給が高いお金を稼げるバイトを紹介してもらえるようになりました。

ちなみに、派遣会社には得意分野があって、紹介してくれる仕事はその派遣会社の得分野のものになることが多いです。幅広い業種、職種を網羅している派遣会社というのは見かけませんでしたね。

 

ざ~っくり言うと、一般的なシフト形態の仕事を扱う派遣会社と、主に単発や短期、イベントなどを扱う派遣会社の2種類がありました。

一般的なシフト形態とは主にフルタイムのことを指します。この場合、どんな仕事があるのかというと、オフィス系、接客販売系などがメインになります。

逆に単発や短期バイトは、軽作業系、引っ越し系、リゾート系、イベント系などがあります。

 

派遣の方がお金を稼げるとは言いましたが、あくまでピンキリです。そこでわたしがおすすめしたいのはオフィス系や接客販売系のバイトです。

なぜかというと派遣バイトの中でも、オフィス系や接客販売系の派遣バイトの方がお金を稼げるバイトが多いのです。ですから派遣バイトを探すときは、このどちらかの稼げるバイトを探すようにしましょう。

 

派遣の時給 ハイ&ロー

ここまでで、派遣のバイトがお金を稼げるということ、その中でもオフィス系や接客販売系がお金を稼げる案件が多いということはわかりましたね?

やはり高収入というからには、わたしがお金を稼げると感じる時給1500円以上のバイトが多いものを紹介したいわけです。

 

ちなみに派遣のバイトの時給はどの程度の幅があるのでしょうか。わたしの体感ですと時給1200円~1600円くらいのバイトを見かけることが多いです。もちろんそれ以下のバイトもそれ以上のバイトも存在します。

オフィス系のバイトや接客販売系のバイトなら1400円~1800円の案件が見つけられるのではないかと思います。もちろん時給が上がれば求められるレベルも上がります。ただ専門的なスキルはなくても大丈夫な範囲だと思われます。専門的なスキルを持つと時給は2000円を超えたりしますので。

普通のバイトで同じ仕事内容なら、時給に開きがあっても200円以内だとは思いますが、派遣バイトは会社によって400円程度の振り幅があります。これでは稼げるお金に差が出て当然です。

 

同じような仕事内容でという条件で時給に400円もの差が出たら嫌ですよね?ですから派遣会社選びは重要です。できるだけお金を稼げる派遣会社を選ぶようにしてください。

 

やっぱり定番!事務仕事

あなたは快適なオフィスで働きながらたくさんお金が稼げることを知っていますか?

空調の効いた室内、清潔に保たれた社内、身だしなみが整った社員やバイト、憧れますよね~。まさにインテリって感じです。

 

ただし、わたし自身はまったくインテリではありません。インテリに憧れたいちバイトです。そんなわたしでも働かせてくれるわけですから、あなたにもおすすめですよ。

事務のバイトといえば、どんな仕事があるのでしょうか。まぁ簡単に言えば事務をする社員さんのサポートですね。全般的に業務は行いますが、どれも一部、社員さんの手が回らない部分をサポートする感じです。

 

  • 電話対応
  • 資料作成
  • 書類作成
  • データ入力
  • 伝票整理
  • 郵便物の管理

 

これらが主な事務バイトの仕事です。「これで本当にお金が稼げるの?」って思っちゃいますよね。稼げるんです。

実際には資料作成や書類作成は、ほぼ出来上がっているものの付け足しだったりテンプレがあるものの複製だったりです。いちから作れとは言われません。バイトでもできるような範囲での注文が来ると思って大丈夫です。

 

こちらも人気のデータ入力!

オフィス系でお金が稼げるバイトといえば、事務の中でもデータ入力に特化したデータ入力のバイトです。

これも不動の人気バイトのひとつで、やはり高時給、たくさんお金が稼げるわけです。事務のバイトの中でもデータ入力に特化させたバイトなので、タイピングが得意な人におすすめですよ。

 

メリットとしてはオフィス系のソフトのスキルがさらにアップするということでしょうか。スキルがアップすれば、もし転職をする機会などに役に立ちますね。それから事務としての能力も高まります。データ入力も事務の一環ですので、事務の流れは掴めると思います。

逆にデメリットは、やはり集中力が要るということですね。同じ姿勢でひたすら文字を打ち続けるので、集中力が無いとできない仕事かもしれません。ただ、お金を稼げる仕事ですから、ここは頑張りどころだと思います。

 

わたしもタイピングには多少自身がありますが、1日タイピングするのはやはり大変です。ですがこれでお金を稼いでいるわけですから、疲れるのは当然です。

 

電話対応はお金の匂い?

最後にオフィスワーク系で紹介したいバイトは、コールセンターでのお仕事です。わたしもコールセンターにはだいぶお世話になりました。

 

世の中に企業がある限り、電話での窓口が無くなることはないでしょう。お問い合わせという部分を受け持つのがコールセンターです。

コールセンターのバイトは多少パソコンが使えれば誰でもできますよね?話すことは基本的にはみんなできることですから、あとは好きか嫌いかです。

わたしは話すことが嫌いじゃないので、コールセンターでオペレーターの仕事をするのは楽しかったです。もちろんお金も稼ぎましたよ~。

 

コールセンターは主に発信と受信の2種類があります。

 

発信はリストにある対象者にどんどん電話をかけて、アポを取ったり、注文を取ったりします。受信は注文の受け付けやお問い合わせの対応が多いですね。

わたしとしては、受信はどんな質問がくるかわからないので不安でした。だから発信の方が楽だったように感じました。

コールセンターのバイトを探すときは発信系なのか、受信系なのかを確認して応募するといいですよ。

 

家電量販店でお金は稼げる?

販売接客系ですと家電がダントツに強い!お金が稼げるバイトだと思います。特にスマートフォンの普及に伴ってスタッフの数も増えていきますから、常に求人がある人気のバイトです。

 

スマホの販売説明員は非常に高額時給のバイトが多く、わたしの知人は時給1800円で働いていました。しかも残業もたくさんしていたので、相当お金は稼げると言っていました。35万円以上は確実に稼いでますね。

 

もちろんすべてのスマホバイトがそんなに高時給なわけではありませんが、夢がありますよね。

初心者でも研修を経て簡単に始められるので、おすすめのバイトです。家電量販店だけでなく、各キャリアの携帯ショップの店員にも同様のことが言えます。

 

仕事内容は…

スマホを買ったことがある人が多いでしょうから、なんとなくわかると思いますが、あんな感じです。(ざっくり)

 

それは冗談として

 

  • 商品選びのサポート
  • 契約手続き
  • お問い合わせ対応

 

これが主な仕事になります。スマートフォンを使っている人ならすぐに馴染めるバイトだと思います。自分の馴染みのものでお金が稼げるので、人気の理由もわかりますね。

 

キャンペーンスタッフは蜜の味

世の中には商品をPRしたい企業がたくさんあります。そのPRをサポートするのがキャンペーンスタッフなのです。

企業はなにか商品を売り出すとき、キャンペーンを行い大々的に宣伝をします。そのキャンペーン時にスタッフとして働くのがことバイトです。

 

イメージとしてはキャンペーンガールが強くありますが、キャンペーンには裏方業務もありますので、すべてひっくるめてキャンペーンスタッフです。ただ、やはり女性の求人の方が多いように感じるのも事実です。

商品の説明からサンプリング、時にはデモンストレーションまで、業務内容はキャンペーンごとに違いますので、きちんと確認してから受けるかどうかを決めましょう。

 

このキャンペーンスタッフもお金が稼げるバイトとしておすすめです。

 

まとめ

ここまで読んでみて、自分の時給に対して何を感じましたか?多くの人が高収入のバイトに驚いたのではないでしょうか。

 

お金が稼げるバイトができるかできないかは、バイトを探す段階で決まります。バイト探しを簡単に済ますと、のちのち時給に大きな差ができてしまうでしょう。

たくさんお金を稼いでいるバイトさんたちは、バイト探しが上手なのです。高収入であることを優先してバイトを探してください。そうすればきっとあなたにも合う、お金が稼げるバイトが見つかるはずです。

 


【ライタープロフィール】


名前:chocomint
バイト経験:コンビニ、書店、居酒屋、パチンコ店、コールセンターなど。
趣味:スマホゲーム、映画鑑賞
最近は動画サイトで猫の動画を見るのに絶賛ハマり中です。